2015年05月12日

◆福島県JR郡山駅:「そば処」(店名不詳)

袋麺ながら中々悪くないそば、汁は典型的北国田舎的駅そばの懐かしき味わい。
更新履歴
org:2010年09月26日
最新記事2017/07/23http://ameblo.jp/gakudancho/entry-12295076204.html

【 時 】2010/08/14
【 処 】JR郡山駅構内、2階新幹線改札内〜改札外一般連絡通路の2面営業、改札内外厨房繋がり。
【分 類】駅そば_改札内〜外。
【取 引】券売機。
【特 記】*。

【データ】◇麺:茹で麺袋麺。◇汁:関東系田舎汁。◇揚げ:仕入れ。
【珍商品】*鶏唐揚¥420-。
【商 品】◇かけ〜¥280-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥380-。
*めかぶ〜、月見とろろ〜等、其の他一般的、価格不詳。

【 評 】「かき揚げ天そば」¥380-。
◇-○袋麺:茶、歯応え、食感好し。
◇関東系汁:田舎風醤油汁系、出汁風味〜甘味弱め。
△仕入れ揚げ:白、モサモサ、粉っぽい。
◇薬味:長ネギ一般的。
*トッピング:無し。
△バランス:揚げが致命的。
◇トータル:そば好く、田舎的汁…揚げ無しで吉か。
[:hide:]
【記 事】
序、【引用始まり】 --- 2010/08、夏の旅路。
滋賀から日本海側を東に向かう。
新潟で宿を取り、地酒とのどぐろ塩焼きを味わう。今回ののどぐろは、ややベシャっと油くどく、何とも残念。
しかし地酒。
全国区では然程、名の知れておらぬ「麒麟山」と云う安値の酒。此れが驚く程、供された魚料理に合い、それはもう、高級有名地酒を凌ぐ程の美味さであった。酒単体で味わうのなら有名地酒も無論好かろうが、料理と合わせると劇的に美味しい大衆酒が存在する…、と云うのは今回の旅での最大の収穫であろう。
現在、個人商店で居酒屋を営む当楽団初代歌い手:青木優子に訊ねたところ、「麒麟山」は好い酒で、好きだとの弁であった。
翌日早朝、大雨の中、福島県は郡山に向けて舵を取り、車中の人となる。【引用終わり】 --- (弊記事:『福島県JR会津若松駅:そば処「立ちあおい」』 序章〜第一章より引用)

一、
郡山に降り立つ筆者。
久々に駅構内等、散策してみれば、数年前に立ち寄った改札外の立ち食いそば屋:赤い看板の「そば処あさか」も健在の模様。ふと入口前のお品書きを見遣れば、「NRE」(日本レストランエンタープライズ)表示が認められた。
「嗚呼、此処もNRE汚染店だったのか…」。
しかし、地方の場合、都内の某あじさいとは異なり、独特の形態〜内容の場合も多々見受けられ、悪くなく、面白美味しいお店もかなりある。此処も独自の未だ不明な珍メニュー:「季節の野菜そば/うどん」が健在の模様であった。いつの日か頂いてみねばならぬお品だ。(下記リンクご参照)

そんな調子で漂ううち、2階の新幹線改札付近の通路に、1件の駅そば屋との邂逅。【引用始まり】 --- 「そば処」【引用終わり】 --- ズバリそのまま…のパターンで、店名や経営についてはさっぱり解らない。だが、要するに、駅の立ち食いそば屋=駅そば屋、であることだけは確かだ。
此処は新幹線改札内と一般連絡通路、要は在来線改札内でもない完全に改札外との2面カウンター窓口を持つ構造。
新幹線改札内と改札外というのは、筆者的には他に例が思い当たらない。中々珍しいパターンかと思われるが、如何であろう。
新幹線改札内では、昼飯時間近か、JR女性職員が数人訪れている。
地方にて、鉄道職員が駅そば店を利用するのは、割と見かけられる光景で、微笑ましく映る。

二、
こちら一般連絡通路側、券売機にて「かき揚げ天〜」を購入、金380円也。
筆者の直前には家族連れやら個人客が連続で入っており、厨房立ちカウンターのみのオープン構造の当店、いきなりに大繁盛の様相を呈している。

相応に待ち、真っ白い揚げの乗せられた、一杯の天そばが供された。
東北地方に入った途端に顕著に認められる、塗り椀調の丼だ。

汁を啜る。
醤油汁系だ…。出汁風味や甘味の少ない、正に醤油汁と云った風情の其れは、典型的北国の田舎の駅そばの味わいである。実にこの地に相応しき、駅そばらしい汁と云えよう。
そばを啜る。
茶色で通常一般的太さの茹で麺の其れは、袋麺ながら、歯応え〜食感が好く、典型的ブヨブヨ袋麺とは異なる、中々質感のしっかりしたものであった。これは悪くない。中々美味しく啜る。

此処で揚げである。
真っ白の其れ…筆者の予感もご察せられよう…、やはり予感的中。
かなりのモサモサ加減で、尚且つ、粉っぽい。
此れは相当にかなり辛い部類で、この揚げだけはどうも食い進めず、断念。半分以上、残す。

田舎風情の汁は郷愁の駅そばならでは、そして意表を突いてそばが悪くなく…、揚げ無しで、「かけ」でもいけそうな味わいのお店である。

2010年08月、激夏酷暑のニッポン。福島は郡山駅にて。

三、
以下、福島県JR郡山駅:「そば処」ギャラリー。

カウンター上のお品書き。
東日本〜東北御馴染みの「めかぶ〜」、「月見とろろ〜」等、其の他一般的ラインアップ。価格は画像不明瞭につき解り辛く、悪しからず。
新メニューPOP。【引用始まり】 --- 新発売 / ボリューム満点!「鶏唐揚そば/うどん」420円【引用終わり】 ---


【キーワード】立ち食いそば、駅そば。
【ご参考弊記事リンク】郡山。
福島県JR郡山駅:そば処「あさか」
福島県JR郡山駅:「そば うどん」福豆屋
福島県郡山:「天」
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 06:56 | TrackBack(0) | 食紀行:立ち食いそば(地方) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
楽団長の活動日誌TOP > 食紀行:立ち食いそば(地方)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。