2014年10月26日

飯田橋〜神楽坂:「神楽坂そば」SINCE1966

日中は立ち食いそば、夜はワインバーに変身の、二毛作で有名な老舗名店。
更新履歴
org:2014/10/26
*FBページに最新画像記事を掲載。
・「未食」¥0-。(2014/07)(全1画像)


org:2014/10/26
*FBページに最新画像記事を掲載。
・「未食」¥0-。(2014/07)(全1画像)
https://www.facebook.com/tachisoba/photos/a.564240220255166.131719.489765574369298/901613073184544/?type=1&theater


【記事概略】
必ずやこの状態、若しくはワインバー変身後。神楽坂は、其れこそ此処10年以上、完全に合わぬタイミングでしか赴いていない事になる。
【 時 】2014/07/20
【 処 】JR中央線飯田橋駅西口下車、右方、神楽坂方面「神楽坂下」交叉点向こう、右側、外堀通り沿い。営団地下鉄神楽坂駅からは、ひたすら神楽坂を下り「神楽坂下交叉点」へ。
【分 類】街そば。
【取 引】不詳。
【特 記】夜は完全に姿を変え、ワインバー。


posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 11:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | 食紀行:立ち食いそば(都内>中央線内部×白山通り周辺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中野:田舎そばうどん「かさい」-add2

特筆事項として、カウンター上に「店主おすすめ」のおろししょうが有り。トッピング値引きシステムもユニークな、美味しい立食い屋さん。

更新履歴
org:2007/01/22
add1:2014/01/28
*記事を復旧-メンテナンス画像無し。分類キーを変更。
*facebookページに最新画像記事を掲載。2014/01現在、健在を確認。
・「未食」¥0-。(2014/01)(全1画像)
add2:2014/10/26
*facebookページに最新画像記事を掲載。
・「田舎そば」280+「かきあげ」90=¥370-。(2014/06)(全1画像)


add2:2014/10/26
*facebookページに最新画像記事を掲載。
・「田舎そば」280+「かきあげ」90=¥370-。(2014/06)(全1画像)
https://www.facebook.com/tachisoba/photos/a.831083740237478.1073741849.489765574369298/902249413120910/?type=1&theater


【 処 】JR中野駅北口駅前。
【分 類】街そば。
【取 引】現金。
【特 記】☆カウンター上におろししょうがが存在。

【データ】◇麺:茹で麺。◇汁:関東系。◇揚げ:仕入れ?。
【珍商品】不詳。
【商 品】◇かけ〜(田舎そばうどん)¥280-、◇(かき揚げ)天ぷら〜¥370-。
*トッピングとしてアジ天¥120-等、その他一般的。

【 評 】「田舎そば」280+「かきあげ」90=¥370-。
○袋麺そば:茶太、コシあり美味い。
○関東系汁:やや円やかな醤油味、揚げ、そばに合う。
○-◎仕入れ揚げ:ふにゃっと汁に好く馴染みB級的に好い、立ち食いならでは。
*トッピング:-。
★◎薬味:長ネギ一般、カウンター任意でおろし生姜=非常に好い。
◎バランス:かなり良好。
○-◎トータル:美味い。



add1:2014/01/28
*facebookページに最新画像記事を掲載。2014/01現在、健在を確認。
・「未食」¥0-。(2014/01)(全1画像)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=748803858465467&set=a.527175213961667.126196.489765574369298&type=1&theater


【記事概略】
平日の夕刻だったが、たまたま臨時早仕舞いだった模様で、フラれたの巻。
【 時 】2014/01/17
【 処 】JR中野駅北口駅前。
【分 類】街そば


org:2007/01/22

no_image.gif【 時 】2007/01/20(土)
【 処 】JR中野駅北口駅前。
【分 類】街そば
【取 引】現金。
【特 記】☆トッピング値引きシステム、2つめ以降▲¥10-減算。
*小盛〜麺2倍あり。☆カウンター上におろししょうがが存在。

【データ】◇麺:茹で麺。◇汁:関東系田舎派?。◇揚げ:仕入れ?。
【珍商品】小盛▲¥80-、麺2倍+¥130-。
【商 品】◇かけ〜(田舎そばうどん)¥250-、◇(かき揚げ)天ぷら〜¥340-。
*トッピングとしてアジ天¥120-、イカ天¥130-。その他一般的。
*小盛かき揚げ〜¥260-。*大盛+¥80-、小盛▲¥80-、麺2倍+¥130-。

【 評 】「天そば」¥340-。
◇茹で麺:薄茶色の太麺、ぶよぶよではなく、悪くない。
◇汁:甘味と醤油風味が強めの田舎風。
◇仕入れ?揚げ:溶け易くも、さくさくで美味しい。
○バランス:良好。
○トータル:美味しい。

【記 事】
汁をすする。
甘味が強めの醤油風味汁だが、ほっとする味だ。
かき揚げは此処の厨房で揚げている訳ではなさそうだが、意外にもさくさくしており、エビの風味も好い。
そばも茹で麺ながら悪くなく、美味しく頂けた。

店内には「店主おすすめおろししょうが/2〜3杯が適量、云々」の表示。
うどん屋さんを思わせるこのおろししょうが、個人的には非常に好きだ。立ち食いそば屋さんでカウンターにおろししょうがを置いている店は、非常に珍しい。特筆事項であり、かなりの高ポイントである。

トッピング値引きシステムがユニークで、2つ目▲¥10−、3つ目▲¥20−〜と、増える毎に¥10-ずつ値引き額が加算されてゆき、お得感が高まる。

路上にオープンな立ちカウンターが6席程度、アットホームな雰囲気の美味しいお店

posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 11:07 | TrackBack(0) | 食紀行:立ち食いそば(都内>新宿界隈) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

愛知県JR豊橋駅:うどん そば「壺屋」TUBOYA-add5

うどん/そばと共にきしめん有り。薬味は青ネギ。大量の刻み揚げと蒲鉾が基本でトッピングされる。珍メニューで「カレーきしめん」「カレーラーメン」が存在。〜蛇足記事:「東西麺類考察・太平洋側篇」


更新履歴
org:2006/03/10
add1:2007/08/27
*org記事に若干の加筆修正。
add2:2008/03/30
*最新版記事及び画像掲載、イントロダクション及びタイトル修正。
add3:2010年08月17日
*最新記事掲載=「きしめん」を頂く。 及び蛇足記事:「東西麺類考察・太平洋側篇」掲載。
*全編に若干の編集、加筆修正。イントロダクションに加筆修正。
add4:2013/01/26
*画像、体裁等、記事を復旧。分類キーを変更。
*FBページに最新記事を掲載。
・「カレーきしめん」於・愛知県JR豊橋駅:うどん そば「壺屋」TUBOYA(2012/08)(全3画像)
add5:2014/10/23
*FBページに最新記事を掲載。
・「きしめん」¥310-。(2014/08)(全6画像予定)



add5:2014/10/23
*FBページに最新記事を掲載。
・「きしめん」¥310-。(2014/08)(全6画像予定)
https://www.facebook.com/tachisoba/photos/a.526878543991334.126138.489765574369298/898449713500880/?type=1&theater


【 時 】2014/08/24
【 処 】JR東海道線豊橋駅改札内コンコース上
【分 類】駅そば_改札内
【支払い】券売機。
【特 記】★大量の刻み揚げとカマボコが基本トッピング。☆きしめんあり。
▲2014/08:カレー類とラーメン類が又しても全て休止中。

【データ】◇麺:茹で麺ケース麺。◇汁:関東系まろやか派。◇揚げ:仕入れ物。
【珍商品】☆きしめん¥310-。★カレーきしめん¥410-。
▲2012/08:カレーラーメン消滅。▲2014/08:ひやむぎ\350-、ミニチャーシュー丼〜ミニしらす丼〜ミニみそカツ丼、各\200-消滅。
【商 品】◇かけ〜¥310-/(かき揚げ)天ぷら〜¥410-。
☆其の他「山かけ〜」「冷やし〜」のみ。*ラーメンあり。

【 評 】「きしめん」¥310-。
◇茹で麺ケース麺きしめん:茹で麺一般的、やや歯応え好い。
◇関東系汁:出汁風味薄目、やや円やか、穏やかな醤油風味でまとまる、しかしやや素っ気ない。
*仕入れ揚げ:-。
☆○トッピング:デフォルトで刻み揚げどっさり、カマボコ1片。
☆○薬味:青ネギどっさり。
○バランス:良好。
◇トータル:まあまあ美味しいがやや素っ気ないのは此の日の汁のせいか?



add4:2013/01/26
*FBページに最新記事を掲載。
・「カレーきしめん」於・愛知県JR豊橋駅:うどん そば「壺屋」TUBOYA(2012/08)(全3画像)
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=526878610657994&set=a.526878543991334.126138.489765574369298&type=3&theater


【 時 】2012/08/14
【 処 】JR東海道線豊橋駅改札内コンコース上
【分 類】駅そば_改札内
【支払い】券売機。
【特 記】★大量の刻み揚げとカマボコが基本トッピング。☆きしめんあり。▲カレーラーメン消滅。

【データ】◇麺:茹で麺ケース麺。◇汁:関東系まろやか派。◇揚げ:仕入れ物。
【珍商品】☆きしめん。★カレーきしめん。★ひやむぎ\350-☆ミニチャーシュー丼〜ミニしらす丼〜ミニみそカツ丼、各\200-
【商 品】◇かけ〜¥300-/(かき揚げ)天ぷら〜¥400-。
☆其の他「山かけ〜」「冷やし〜」のみ。*ラーメンあり。

【 評 】「カレーきしめん」¥400-。
◇茹で麺:まあ普通。
◇関東系汁:カレーに因り不明。
*仕入れ揚げ:-。
☆薬味:◎青葱テンコ盛り。
☆トッピング:刻み揚げテンコ盛り、蒲鉾×1切れ。
◇バランス:良好。
◇トータル:まあ悪くない、一味、ギンギンに辛い方がいけそう。





add3:2010年08月17日
*最新記事掲載=「きしめん」を頂く。及び蛇足記事:「東西麺類考察・太平洋側篇」掲載。

100811_tyhs_tuboya_ms.jpg【 時 】2010/08/11
【 処 】JR東海道線豊橋駅改札内コンコース上
【分 類】駅そば_改札内
【支払い】券売機。
【特 記】★大量の刻み揚げとカマボコが基本トッピング。☆きしめんあり。

【データ】◇麺:茹で麺ケース麺。◇汁:関東系まろやか派。◇揚げ:仕入れ物。
【珍商品】☆きしめん。★カレーきしめん、カレーラーメン(販売休止中)。
【商 品】◇かけ〜¥300-/(かき揚げ)天ぷら〜¥400-。
☆其の他「山かけ〜」「冷やし〜」のみ。*ラーメンあり。

【データ】◇麺:茹で麺ケース麺。◇汁:関東系まろやか派。◇揚げ:仕入れ物。
【珍商品】☆きしめん。★カレーきしめん、カレーラーメン(販売休止中)。
【商 品】◇かけ〜¥300-/(かき揚げ)天ぷら〜¥400-。
☆其の他「山かけ〜」「冷やし〜」のみ。*ラーメンあり。

【 評 】「きしめん」¥300-。
◇茹で麺:ややコシ在り。
◇関東系汁:醤油色、円やか、甘味強い。
*仕入れ揚げ:-。
☆薬味:青ネギ。
☆トッピング:刻み揚げテンコ盛り、蒲鉾×1切れ。
◇バランス:良好。
◇トータル:まあまあ=やはりかき揚げなしで吉。

【記 事】
一、本編:「きしめん」を頂く。
激夏酷暑の2010/08ニッポン。夏の旅路。
そして、愛知は豊橋駅の壺屋と云えば、「きしめん」。
前記事の2007/12からおよそ2年半振りのリピートとなる当店、前回のかき揚げ天ぷらの辛さ(?)(「からさ」ではない)が印象的だった訳で、今回は所謂「かけ」に該当する、乗せモノ無しの「きしめん」を頂いてみる事とした。。

100811_tyhs_tuboya_sb.jpg此処は小振りの丼に、云わばデフォルトの状態で、テンコ盛りの刻み揚げと蒲鉾が一切れが乗せられて供され、薬味の青ネギも特徴的である。「天ぷら〜」も同様なので、恐らく全メニューがこの仕様であろう。
「かけ」とは敢えて謳われていないのも、この基本トッピングの表れか…確かに此れでは「かけ」とは云えぬ絵だ。
最安値メニューで金300円というのも些か高く感じられるのだが、この刻み揚げの豪勢な量で納得の価格とも云えよう。

相変わらず円やかな甘味の強い、個性的な汁だ。今回は出汁の旨味風味は然程感じられない。
名古屋近し…なのだが、こちらはかなり関東的な醤油的黒さも特徴的。
其処に青ネギが乗る。

そして、茹で麺のきしめんは其の汁が染みて、醤油色に染まりゆく。
今回はあまりコシが感じられない。

其れでも刻み揚げの豪勢さも手伝ってか、まあまあ美味しく頂き終えた。
この刻み揚げ、うどんやきしめんと実に合う。つくづく素晴らしいトッピングコンビネーションだ。
麺や汁が前回には及ばなかった事は、やや残念であるが、このムラも「立ち食いならでは」であろうか。
セルフの水のカップがキティちゃんと云うのも、微笑ましくも類を見ず、個性的且つ特徴的。

幾度か頂いているうちにふと気付いた事と云えば、そば・うどんを一度も頂いていない。
そばに大量の刻み揚げが乗る絵も、中々珍しかろう。

100811_tyhs_tuboya_kn.jpg右画像は券売機。
右端で切れているのはラーメンメニューとライス。
「うどん〜そば〜きしめん」列の上から4段目、
--- 「カレー〜」¥400 ---
は残念ながら、2007年から相変わらず休止のままだ(×点灯)。刻み揚げの豪勢に乗せられた「カレーきしめん」を、是非頂いてみたいものである。
此処はラーメンも扱っているのだが、ラーメン列の3段目には「カレーラーメン」等と云うものも認められ、立ち食いそば屋的にはかなりの珍メニュー度であろう。やはり休止中(×点灯)。
この券売機、よく見れば所謂「かけ」¥300の他は、
---
「天ぷら〜¥400」「山かけ〜¥400」「冷やし〜¥300」
---
しかバリエーションがない。最下段で切れているのは未設定ボタン。刻み揚げが基本トッピングだから「きつね」が無いのは解るとして、「月見」や「タヌキ」、「わかめ」等一般的アイテムが無い事も、実は特徴的だったりした訳だ。
価格は2007年から据え置きのままである。

ちなみにこの券売機画像、商品のボタンをクリックすると商品の画像が現れる仕組みにはなっていない。
筆者にそのような技術があったら、さぞかし有意義でご覧になる方も楽しかろうが、商品の画像採集の段階で計画放棄と為る事だろう。

何かと個性的要素がかなり多い、豊橋の駅そば。
2010年08月、酷暑の中、台風が近付きつつある夏の旅路、愛知県豊橋駅にて。

二、蛇足記事:「東西麺類考察・太平洋側篇」
ここ愛知県は豊橋の駅そばは、透明な関西系麺汁が認められる同県の主要都市:名古屋と異なり、醤油色の強い関東系麺汁である。そして、【引用始まり】 --- 関東系汁+青ネギ【引用終わり】 --- と云う組み合わせは静岡式だ。此れは名古屋よりも近い東隣りの静岡県からの影響か。此れが豊橋から東海道を西に向かえば、名古屋に入った途端に関西系の汁に切り替わる印象だ。
しかし、きしめんの存在が完全に名古屋的である。
そして、
・券売機の麺種別配置の順序に於いて、「うどん」が左1列目である事、
・屋号の肩書きが「うどん そば」と、「うどん」が先である事。
から、そばよりうどんの方が優勢である事が窺え、更に、
・刻み揚げ、蒲鉾乗せ
の存在も加え、かなり関西以西の西方的要素が見られる。
当豊橋〜名古屋間の立ち食いそばは食した事が無く、汁及び、そば×うどんの麺嗜好性の境界線は不明のままであるが、当豊橋にはかなりの東西混沌性が認められる。

ちなみに薬味のネギに関しては、太平洋側に於いては、静岡以西で青ネギが主になる模様だ。



add2:2008/03/30
6年ぶりの再訪となった2007年末最新版。若干の価格上昇が認められた。

071222_tuboya_ms_web.jpg【 時 】2007/12/22
【 処 】JR東海道線豊橋駅改札内コンコース上
【分 類】駅そば_改札内
【支払い】券売機。
【特 記】☆薬味が青ネギ、刻み揚げとカマボコがトッピング。☆きしめんあり。

【データ】◇麺:茹でケース麺。◇汁:関東系まろやか派。◇揚げ:仕入れ物。
【珍商品】☆きしめん。☆カレーきしめん(販売中止中)。
【商 品】◇かけ〜¥300-/(かき揚げ)天ぷら〜¥400-。
*其の他一般的。*ラーメンあり。

071222_tuboya_mn_web.jpg【 評 】「天ぷらきしめん」¥400-。
◇茹で麺:ややコシ在り。
○関東系汁:ほんのり甘く、カツオ風味。
△仕入れ揚げ:冷たく、モソモソ。
☆薬味:青ネギ。
☆トッピング:刻み揚げ、カマボコ。
◇バランス:揚げで崩れる。
◇トータル:揚げ載せ以外のメニューで吉か。

【記 事】
きしめんを取り入れた立ち食い屋さんは、関東でもたまに見かけられる昨今であるが、やはり名古屋〜愛知を感じさせられる地方ならではのラインアップだろう。
2001年から6年振りのリピートとなる当店、全体的に¥10-の価格上昇が認められた。

071222_tuboya_sb_web.jpg刻み揚げとカマボコのトッピングが嬉しい。
薬味は青ネギ。刻み揚げと青ネギは脱関東圏を感じさせられる要素だ。
ほんのりとした甘味と鰹出汁の旨味が感じられる関東系汁に、やや腰の感じられるヒラヒラとしたきしめん、そしてトッピングも悪くなく、中々美味しく頂ける。

しかし、天ぷらなのである。
エビとタマネギが中心の揚げなのだが、モソモソの上、何故だか冷たさが際立って感じられ、汁麺に全く馴染まないまま鎮座し続けているのである。
此れはかなり辛いものがある。
遂に断念、天ぷらのみを残す。
折角の麺と汁なので、残念だ。
これ以外の選択で美味しく頂けるかと思われるのだが、如何であろうか。
此れなら「かけ」でも悪くないであろう。
071222_tuboya_ms2_web.jpg
券売機にて「カレーきしめん(そば/うどん)」なる珍メニューに目を奪われたのだが、何故かカレーの麺メニューは売り切れ販売中止中であった。
刻み揚げの載せられた「カレーきしめん」…。
実に食指を動かされる。

天ぷらを除けば中々悪くない、地方独特の駅そば屋さん。



org:2006/03/10
add1:2007/08/27
特記事項として、立食いにて、きしめん有り。名古屋近しか。
愛知は関東〜関西の境界ら辺か?薬味が、青ネギ。

no_image.gif【 時 】2001/12/26
【 処 】JR東海道線豊橋駅改札内
【分 類】駅そば_改札内
【支払い】不明/忘却。
【特 記】薬味が青ネギ、刻み揚げがトッピング。

【データ】◇麺:茹麺。◇汁:関東系まろやか派。◇揚げ:仕入れ物。
【珍商品】☆きしめん。
【商 品】◇かけ〜¥290-/(かき揚げ)天ぷら〜¥390-。
*其の他不詳。

【 評 】「天ぷらきしめん」¥390-
◇茹麺:あまりコシはない。
○汁:味醂的程よいまろやかさ。
◇仕入れ揚げ:特記無し一般的。
☆薬味:青ネギ。
☆トッピング:刻み揚げ。
◇バランス:一般的。
◇トータル:悪くない。

【記 事】
供されたきしめん、あまりコシはないが、きしめんの茹で麺はこんな感じなのだろうか。
関東では滅多に見かけぬ、珍メニューである。
きしめんといえば乾麺が一般的だと完全に思い込んでいた為、茹で麺に関しては、何ともいえない。

汁は、味醂風味の程よい、まろやか派だ。関東系風味の範疇だが、関東〜東海で西に向かい、どこを境に関西系に変化するのか、いまだ不明。実に興味深い点だ。

麺がそば、うどん、きしめんの3種類。汁は関東系だが、薬味は青ネギで珍しき感。
静岡駅で食した立食い屋さんの薬味も、青ネギであった。静岡から西が青ネギか?不明点だ。
また、かけ〜でも刻み揚げが載せられて供される。関西的か?若干高めの価格は、此の刻み揚げに由るものなのであろうか。

関東一般的なものとの差異が面白くもあるのだが、各要素に於ける、東海以西の麺文化の地域的変化については、恥ずかしながら不勉強で不詳。
興味深くもあり、今後の課題としてみたい筆者である。



キーワード:立ち食いそば、駅そば。
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 06:56 | TrackBack(0) | 食紀行:立ち食いそば(地方>東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城県仙台東口:生蕎麦「福はら」自家製麺・自家製麺つゆ、立喰い処

此処は美味しい。生麺都度茹で、自家揚げ、濃いめの仙台らしい汁が美味しい。路麺通:funap様に教えて頂いた仙台駅東口のお店。西口にも支店あり。
更新履歴
org:2014/10/23
*FBページに最新画像記事を掲載。
・「花そば」¥330-。(2014/09)(全画像数未定)


org:2014/10/23
*FBページに最新画像記事を掲載。
・「花そば」¥330-。(2014/09)(全画像数未定)
https://www.facebook.com/tachisoba/photos/a.552039861475202.130269.489765574369298/892785790733939/?type=1&theater


【 時 】2014/09/03
【 処 】JR仙台駅東口駅前、ロータリー左側交番奥、交叉点角、たこ焼き「たこ福」の影。
【分 類】街そば。
【支払い】券売機。
【特 記】*平日07:00-21:00、日祝10:00-19:00。
☆西口に「西口店」あり。

【データ】☆麺:自家製麺生麺都度茹で。◇汁:関東系。◇揚げ:自家揚げ置き。
【珍商品】☆花〜¥330-(=タヌキ、名称だけ珍)、☆玉子とじ〜¥350-、★あんかけ〜\480-、★★親子南ばん〜¥510-、等。
★お土産そば¥470-。
★サラリーマンセット(冷or温そば)¥550-、★学割セット(冷or温そば)¥480-等。
【商 品】◇かけ〜¥250-、◇(かき揚げ)天ぷら〜¥400-。
*其の他一般的。*冷し麺類、おにぎり類など。

【 評 】「花そば」¥330-。
○生麺都度茹でそば:灰色っぽい、仄かにふわっと香る、生麺らしいもっちりとした歯応え。
○関東系汁:出汁旨味好く然して香らず、醤油の風味〜味わい、揚げ物が合いそうな濃いめの塩梅。
*自家揚げ置き:-。
◇-○☆トッピング:花=たぬき、細かい粒子。カマボコ1片。
☆薬味:カウンター上で長ネギ取り放題。
○バランス:良好。
○トータル:中々美味い、更に揚げが欲しくなる、次回は是非天そばを。



posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 06:30 | 東京 ☔ | Comment(0) | 食紀行:立ち食いそば(地方>東北>宮城県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【やや新店】立川市:立喰いそば「桃の里」立喰いそば¥350〜

2014年初過ぎ頃に開店の模様。昼はそば・定食、午後は自家製ケーキ、夜は居酒屋、スペックは平打ち乱切り調冷凍麺に、濃い目の関東系汁、地場野菜の自家揚げの模様。
更新履歴
org:2014/10/23
*FBページに最新画像記事×2を掲載。
・「未食」¥0-。(2014/10)(全1画像)
・「未食」¥0-。(2014/10)(全1画像)


org:2014/10/23
*FBページに最新画像記事×2を掲載。
・「未食」¥0-。(2014/10)(全1画像)
https://www.facebook.com/tachisoba/photos/a.621660767846444.1073741833.489765574369298/888868354459016/?type=1&theater


【記事概略】
(FB記事を其のまま抜粋)此の2014/10月は、金木犀が早めに咲き散ってしまった秋の宵の事です。東京都下:立川は芋窪街道を行けば、嗚呼?、
「立喰いそば350円」
の看板…、あまりにも突然の邂逅…。此処は以前、別な飲食店だった筈…こんな処にいつの間に立ち食いそば屋が…?あー、吃驚しました。

【と き】2014/10/04
【ところ】東京都立川市高松町1-30-13 コーポモネ 1F。
*交通手段:多摩モノレール立飛駅が最寄り、高松駅からも、しかし近くはない。
*JR立川駅より1.7キロ、徒歩20分程度、立川通り「高松二丁目」交叉点を芋窪街道へ左折、芋窪街道上「栄四丁目」交叉点間、丸亀製麺先の左河岸。
【分 類】道そば。
【取 引】不明。
【特 記】*食べログによると2014/02が初投稿。*夜は居酒屋兼営の模様。

----

・「未食」¥0-。(2014/10)(全1画像)
https://www.facebook.com/tachisoba/photos/a.621660767846444.1073741833.489765574369298/900746656604519/?type=1&theater


【記事概略】
(FB記事を編集の上、転載)立川-立喰放浪徒然記…朝飯にフられたのです。
此の2014/10、立川郊外にて突然にして、驚愕の邂逅を果たしたお店です。食べログで調べたら、恐らくは今年2014年初過ぎ頃に開店の模様、朝営業もやっているとの旨でした。絶好の機会を得た或る朝の日、其れではいざ朝飯を!と、実に楽しみにして赴いてみたのですが、営業時間が変更になった模様(^◇^;)
×旧・朝06:00-…、昼11:30-…、定休日不詳。
○新・昼11:00-15:00、夜17:00-21:30、火曜定休日。
そんな出来事の後日、何と幸いな事に、路麺通:sei_g03様から貴重な情報を頂く事が出来たのでした。誠に有難く、厚く熱く御礼申し上げます。
…昼はそば・定食、午後は自家製ケーキ(!)、夜は居酒屋営業、スペックは平打ち乱切り調冷凍麺に、濃い目の関東系汁、地場野菜の自家揚げ!…との旨。

【と き】2014/10/15
【ところ】東京都立川市高松町1-30-13 コーポモネ 1F。
*交通手段:多摩モノレール立飛駅が最寄り、高松駅からも、しかし近くはない。
*JR立川駅より1.7キロ、徒歩20分程度、立川通り「高松二丁目」交叉点を芋窪街道へ左折、芋窪街道上「栄四丁目」交叉点間、丸亀製麺先の左河岸。
【分 類】道そば。
【取 引】不明。
【特 記】★昼11:00-15:00、夜17:00-21:30、火曜定休日。
*食べログによると2014/02が初投稿。
★昼はそば・定食、午後は自家製ケーキ、夜は居酒屋の模様。


posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 06:07 | 東京 ☔ | Comment(0) | 食紀行:立ち食いそば(都下>立川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

長野県JR松本駅:「信州生そば」-add2

店横面にそびえる巨大な「蕎麦」の二文字。穏やかでまろやかな汁、1番ホームの生麺駅そば「信州坊主」の冷凍麺版。・2014現在、1番線ホームと同様、通常/特上のそば2バージョンに進化。


更新履歴
org:2008/08/05
add1:2008/08/16
*文末リンクを更新。
add2:2014/10/18
*画像等記事を復旧-メンテナンス。分類キーを変更。文末リンクを削除。
*facebookページに最新画像記事を掲載。イントロダクションに加筆。
・「未食」¥0-。(2014/03)(全9画像予定)



add2:2014/10/18
*facebookページに最新画像記事を掲載。イントロダクションに加筆。
・「未食」¥0-。(2014/03)(全9画像予定)
https://www.facebook.com/tachisoba/photos/a.669319166413937.1073741838.489765574369298/872366496109202/?type=1&theater


【と き】2014/03/29
【 処 】JR松本駅6-7番ホーム下り側奥部、松本電鉄上高地線乗り場手前。
【分 類】駅そば_ホーム
【支払い】券売機。
【特 記】☆店側面にそびえる巨大な「蕎麦」の二文字。☆1番ホーム「山野草」と同様のPOP。
★株式会社アドレスト長野はJR東日本リテールネットの地域子会社。長野支社管内の駅構内にて立ち食いそば店の他多数の店舗を経営する。(出典:駅そばWiki>アドレスト長野)

【データ】◇麺:不明。◇汁:不明。◇揚げ:不明。
【珍商品】★★特上そばは¥40-増しの模様、★★(単品)葉わさび¥120-、★★(単品)野沢菜わさび昆布¥120-、等、其の他不詳。
【商 品】◇かけ〜¥280-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥360-。
*其の他一般的の模様。






org:2008/08/05

080705_shinshukisoba_ms_web.jpg【 時 】2008/07/05
【 処 】JR松本駅6-7番ホーム下り側奥部、松本電鉄上高地線乗り場手前。
【分 類】駅そば_ホーム
【支払い】券売機。
【特 記】☆店横面にそびえる巨大な「蕎麦」の二文字。☆1番ホーム「信州坊主」と同様のPOP。

【データ】◇麺:冷凍麺。◇汁:関東系。◇揚げ:仕入れモノ。
【珍商品】☆ネギそば/うどん、葉わさび〜、野沢菜なめこ〜等、1番ホーム「信州坊主」と同様。
【商 品】◇かけ〜¥280-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥360-。
*其の他一般的、☆1番ホーム「信州坊主」、塩尻駅「信州そば」と殆ど同様。

【 評 】天そば¥360-。
○冷凍麺:茶色、乱切り調、冷凍麺らしい食感、塩尻駅「信州そば」と同様。
○関東系汁:まろやか且つ穏やか、「信州坊主」同様。
◇揚げ:立ち食い一般的、「信州坊主」同様。
◇薬味:一般的長ネギ。
*トッピング:無し。
○バランス:良好。
○トータル:美味しい。

【記 事】
080706_shinshukisoba_kan_web.jpg一、
萬屋店主との長野出張旅行の際、松本にて途中下車。
各位用達別行動時に一人立ち寄る。

何と云っても駅西口(アルプス口)から見上げた駅ホームに浮かぶ、「蕎麦」の巨大なる圧巻の二文字。斯様な駅そばは見た事がない。
コンコース通路からは気付かなかった事も手伝い、超然とそびえ立つ其の二文字に、只ならぬ気配を感じずにいられない。
(右画像は同地平のホームからのもの。駅舎外から見上げたものを残さなかったのは不覚、残念。)

二、
店主との待ち合わせ電車の発車時間までわずかなのにも関わらず、出向かねば気の済まぬ筆者。
ホームのかなり奥部、連絡階段から斯様な距離を歩かねば為らぬのも此れ又珍しい立地なのだが、更に奥は松本電鉄上高地線乗り場となる。
終ぞ店頭に立ち、食券を購入、天そばを頂く。

内容的には、
080705_shinshukisoba_sb_web.jpg
---
・そば:塩尻駅「信州そば」と同様の茶色い乱切り調冷凍麺、
・汁:此処松本駅1番ホーム「信州坊主」や塩尻駅と同様のまろやかで穏やかな汁、
・揚げ:「信州坊主」で頂いたものと同様のかき揚げ天。
---
であり、商品ラインアップ〜商品POP表示も全く同様、屋号こそ違え、この3店舗は同系列である事を物語っている。
そして1番ホームの「信州坊主」が驚愕の〔生麺使用〕〜価格は¥10-高、である事を除けば、同内容と云って差し支えなさそうだ。
長野県ならではの珍メニュー「葉わさびそば」、「野沢菜なめこそば」の存在も同様。
丼も「信州坊主」と同じものである。

やはり、そばと汁が美味い。
しかし、揚げは立ち食い一般的範疇を出ぬもの。

三、
何度も呼び続ける萬屋店主からの電話コール。
何度出ても、電波状況の影響か通話が出来ないでいる筆者。
後5分もあるではないか…。こちらはそばを喰らうに多忙極めている最中なのである。
しかし、此処7番ホームから1番ホームまでの移動と、筆者と共には旅慣れぬ店主を思い、半分ほどそばを残し、店を後にした。

一目散に1番ホームに向かう中、結果論的には無理をして頂く程でもなかったか…、但し系統などを知る事が出来たのは吉だったか…云々、落ち着かぬ胃で思いを巡らす筆者であった。

旅と音楽は一期一会であり、其れが醍醐味でもある。
しかし団体行動には不向きである事を思い知らされたりすることと為った。
単に協調性と思いやりが無いだけかも知れない。

080706_shinshukisoba_ms2_web.jpg人生は旅である。
違う列車に乗っていても、また何処かで同じ列車で巡り逢うかも知れない。
其の時は、一緒に途中下車でもして、酒でも酌み交わせば、其れで好い。
(右画像:奥の窓から、駅アルプス口を望みつつそばを頂ける、駅舎外から見ると、数メートル上に浮かぶ形となる店舗建屋)



キーワード:立ち食いそば
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 04:53 | TrackBack(0) | 食紀行:立ち食いそば(地方>甲信越) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥取県鳥取市:「鳥取駅前そば」-add3

鳥取駅前市街地の立ち食いそば紀行。珍メニュー:「たまごとじうどん/そば」が存在。とても美味しいお店。


更新履歴
org:2008/11/05
add1:2014/02/15
*画像等記事を復旧-メンテナンス。現況不詳。分類キーを変更。本編に若干の加筆修正。
add2:2014/03/07
*2013/08時点で健在との情報を頂きました。Sone様、有難う御座います。
add3:2014/10/18
*facebookページに最新画像記事を掲載。
・「未食」¥0-。(2014/08)(全画像数未定)


*facebookページに最新画像記事を掲載。
・「未食」¥0-。(2014/08)(全画像数未定)
https://www.facebook.com/tachisoba/photos/a.874792515866600.1073741852.489765574369298/886549258024259/?type=1&theater


【 時 】2014/08/27
【 処 】JR鳥取駅北口、駅前商店街入り口角、「ミスタードーナツ」左隣。
【分 類】街そば。
【取 引】券売機。
【特 記】通り奥隣の和食?食事処と兼営。

【珍商品】★★冷し担々麺¥600-、★素ラーメン/冷し素ラーメン¥350-、等、其の他不詳。

---以下は2008/08時点のもの---
【データ】◇麺:冷凍麺。◇汁:関西系。◇揚げ:不明、恐らく自家製。
【珍商品】☆たまごとじそば/うどん¥370-。
【商 品】◇かけ〜¥290-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥410-。
☆天ぷら〜(=海老天)¥450-、等。
*味付肉〜¥410-等、其の他一般的。





org:2008/11/05

080809_ttrekmaesb_ms_web.jpg【 時 】2008/08/09
【 処 】JR鳥取駅北口、駅前商店街入り口角、「ミスタードーナツ」左隣。
【分 類】街そば。
【取 引】券売機。
【特 記】通り奥隣の和食?食事処と兼営。

【データ】◇麺:冷凍麺。◇汁:関西系。◇揚げ:不明、恐らく自家製。
【珍商品】☆たまごとじそば/うどん¥370-。
080809_ttrekmaesb_kn2_web.jpg【商 品】◇かけ〜¥290-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥410-。
☆天ぷら〜(=海老天)¥450-、等。
*味付肉〜¥410-等、其の他一般的。

【 評 】「たまごとじうどん」¥410-。
◇冷凍うどん:冷凍麺一般的。
○関西系汁:美味しい。
*自家?揚げ:-。
☆薬味:青ネギ、取り放題。
☆トッピング:ワカメ、竹輪斜め切り×2片。
○バランス:良好。
○トータル:美味しい。

【記 事】
一、
2008/08、鳥取への旅路。立川から16時間かけ鳥取に辿り着き、宿を取る。

地物の頂ける飲み屋さんを求めて市街地を漂う。幸先の好い事に散策一番の出逢い…駅前に1軒の立ち食いそば屋が灯りを落として佇んでいるではないか。
其の名も「鳥取駅前そば」。
素晴らしき邂逅だ。

翌日の朝飯は此処に決まらない理由などある筈も無く、朝一番の砂丘往きバスに乗る為、駅前バスターミナルに赴く前に立ち寄る事とした。
朝飯と云えば、ホテルの朝食など目も呉れず、無論、土地の立ち食いそばの筆者。

此れは実に楽しみである。
嬉々として、飲み屋を求め夜の鳥取を徘徊。見知らぬ街を歩き回るのは実に楽しく、更に選んだお店が大当たり、大変美味しい夏の鳥取を味わう事が出来た。

二、
080809_ttrekmaesb_kn_web.jpgさて、翌朝。
眠い目を擦りながら、わざわざ筆者の為に開門して頂いた駅前のホテルから、程なく到着。

素材を活かした木製看板類が個性的で中々の風情を醸し出す店頭。
営業中看板は「只今、立ち喰い中」ときた。
好いではないか。

さて、店内に窺える券売機で食券を購入しようと、暖簾を潜る。
しかし、人の気配が全く感じられない。

「…。」

080809_ttrekmaesb_kb6_web.jpgのんびりと券売機のお品書き等を眺めていると、珍メニュー
--- 「たまごとじそば/うどん」 ---
を発見。
揚げ物等も頂いてみたいと思ってところなのだが、此れに勝る誘惑は無いだろう。
西方の国、やはりうどんなのだろうか…?
さして惑う間もなく、この「たまごとじうどん」の食券を購入。

しかし、相変らず、人の気配が無い。

「申し。」

厨房に向かい声をかけてみるも、返事が無い。
幾度か大声を出してみたところで、やはり気配すら現れず、煮え立つ麺の茹で釜の湯気が、厨房に、只、立ち昇るばかり。

080809_ttrekmaesb_mn_kakouchu_cutted_gensun.jpgん〜…。
あたかも御伽話の世界に迷い込んだかの如き、不思議な時空。
静寂なる、長閑な鳥取の朝。



10分経過。
状況、変化無し。

この間、団体の現場職人系の方々が路上駐車でお見えになったのだが、筆者の状況を聴くなり、踵を返してしまった。

そして、そろそろ訪れたのは、バスの発車時刻。

さて、砂丘に行けば、何かしら朝飯にありつけるであろう。

三、
砂丘観光を終え、駅前に戻り着く。

時は昼前アイドリング時、覗いて見ると、女性の方が店番を為さっていた。
食券をお出しし、朝の経緯を御説明すると、大変申し訳なく返金して下さるとの旨。いやいや待て待て、頂くのを楽しみしていた筆者、大体にしてもう、砂丘を歩き回り十分減り腹時だ。
是非、お作り下さる様お頼みする。

訊けば、奥隣の料理店との兼営で、朝の仕込みでそちらに着き切りに為ってしまっていたとの旨。
一応、となりは隣なのだが、建屋が別で厨房内で繋がっておらず、隣に行ってしまうとこちらの様子が全く分からなくなってしまう、と云う事であった。
なるほど、と納得しつつも、公然と開店休業状態にしてしまえる、文字通り開けっ広げな地方ローカル的風情が、またよきかな…、と云った趣である。

四、
さて、「たまごとじうどん」。

1人前の麺汁を鍋に取り加熱、其処に溶き玉子をさっと回し、茹で上げたうどん入りの丼に注がれる。東日本では見慣れぬ調理過程である。
そして、竹輪2片とワカメが載せられ供された。。

080809_ttrekmaesb_sb_web.jpg薬味の青ネギは、カウンター取り放題である。

澄んだ色彩の汁を啜る。
塩梅のバランスと出汁風味が心地好い。
流石は料理店兼営だ。

うどんを啜る。
コシのある冷凍麺一般的食感ながら、汁の味わいや溶き玉子との相性が心地好く、うどんで実に正解だろう。

何とも、美味い。

実に美味しく頂く。

五、
頂いている最中、和食職人姿の隣のお店のお方により、揚げ玉が運び込まれた。
本立ち食いそば店厨房には、フライヤー設備や揚げ物鍋が認められず、すっきりと油臭くも無い感じの店内なので、揚げ物はお隣の料理店で作られ、運び込まれるのであろう。
此れもまた美味しいに違いないと思われ、いつと為るかは分からぬ次の機会が楽しみにさせられる。

080809_ttrekmaesb_kn3_web.jpg店番の女性は中々気さくな方で、何かとお話させて頂いた。

東方の立ち食いそばでは、この「玉子とじ〜」が余り見かけぬお品だとの筆者の旨に、「意外!」との反応を示され、逆に驚かされる。

汁が中々美味しいとの筆者の旨に対し、こちらの汁は、
--- 鰹、昆布、調味料、薄口醤油 ---
との事。
やはり「薄口醤油」なのだ。
そして平然と「調味料」と仰るのにやや驚かされたのだが、其処は和食料理店直営のお店、文字通り「調味」=味を調える目的で使われているのであろう如き、バランス感覚の妙技が窺える。
全く化学調味料的後味は無い。

逆に、「関東の人には薄いでしょ?」と訊ねられたのだが、全くそんな事はない。
しっかりとした旨味と塩梅の感じられる美味しさである。

また、西日本日本海側で一般的な様子の竹輪トッピングが印象的なのだが、この時点では気付かず、お話を伺っていない。

土地々々の立ち食いそば/うどん、やはり楽しい。


◆券売機概要
上段トップ「まずは、めんをえらぶ」
下段トップ「のせるものは」
かき揚げ天は「天ぷら」ではなく「かき揚げ」、
「えび天」が「天ぷら(えび)」と表記される。
080809_ttrekmaesb_kb_web.jpg

◆夏季とあって、「冷たい」メニューをフィーチャー。
「冷やしぶっかけそば〜うどん」¥290-
080809_ttrekmaesb_kb3_web.jpg

◆注目メニュー〜トッピング
カレーうどん¥390-/味付け肉うどん¥410-/…
かき揚げ¥120-/おんたま¥80-/ときたまご¥80-
味付け肉¥120-/とろろ¥110-/大根おろし¥50-
 080809_ttrekmaesb_kb5_web.jpg




キーワード:立ち食いそば。
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 04:21 | TrackBack(0) | 食紀行:立ち食いそば(地方>中国-四国-九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

静岡県JR浜松駅:うどん そば「自笑亭」-add5

静岡は浜松の駅そば。やはり薬味は青ネギ。 ・2012年現在には驚愕の珍メニュー「ふぐ天そば」が登場。


更新履歴
org:2007/03/16
add1:2008/03/23
*画像掲載。(2007/12/21撮影)
*orgに若干の加筆修正、文末に追記を加筆。
add2:2008/09/08
*最新記事及び画像追加(2008/08/08)。
add3:2009年04月17日
*最新記事掲載(2009/04)。
add4:2013/01/06
*記事体裁、画像等を復旧、分類キーを変更。
*Facebookページに最新画像記事を掲載、伴いイントロダクションに加筆。
・ふぐ天そば:2012/08、全4画像。
add5:2014/10/12
*Facebookページに最新画像記事を掲載。
・「未食」金0円也。(2014/08)(全3画像予定)



add5:2014/10/12
*Facebookページに最新画像記事を掲載。
・「未食」金0円也。(2014/08)(全3画像予定)
https://www.facebook.com/tachisoba/photos/a.546045688741286.129280.489765574369298/886251054720746/?type=1&theater


【備考及び記事概略】
2014/04増税後、10円の価格スライド上昇が認められる。
駅外ガード下にあった店舗は、2014/08、閉店を確認、ビックカメラと為っていた。駅中には無い珍メニューがあっただけに残念。
浜松=フグについては、下記が明らかとなった。FB記事引用。
---
21世紀に入ってから『遠州灘天然とらふぐ』を地産名物として育てようと云う動きが結実したんだそうです。
http://www.kanzanji.gr.jp/umaimon/fugu/
---

【 時 】2014/08/24
【 処 】静岡県JR浜松駅改札内コンコース上。
【分 類】駅そば_改札内
【取 引】券売機。
【特 記】☆店頭、鰻販売(蒲焼?白焼?)。

【データ】◇麺:茹で麺ケース麺。◇汁:関東系まろやか派。◇揚げ:仕入れもの。
【珍商品】★★ふぐ天〜¥500-、☆冷し梅おろし〜¥490-。
【商 品】◇かけ〜¥320-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥400-。
*其の他一般的、不詳。




add4:2013/01/06
*Facebookページに最新画像記事を掲載、伴いイントロダクションに加筆。
・ふぐ天そば:2012/08、全4画像。
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=546045742074614&set=pb.489765574369298.-2207520000.1357435842&type=3&theater


【 時 】2012/08/11
【 処 】静岡県JR浜松駅改札内コンコース上
【分 類】駅そば_改札内
【取 引】券売機。
【特 記】☆店頭、鰻販売(蒲焼?白焼?)。

【データ】◇麺:茹で麺ケース麺。◇汁:関東系まろやか派。◇揚げ:仕入れもの。
【珍商品】-。
【商 品】◇かけ〜¥310-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥380-。
*其の他一般的、不詳。

【 評 】「ふぐ天そば」¥490-。
◇-◯茹で麺:茶太、モッチリとしたコシで悪くない。
◇-◯関東系汁:出汁風味効いたやや濃いめ。
☆揚げ:ふぐ天2個、ややサクッとした歯ごたえの残る、まあ白身魚天普通に近いか。
☆薬味:青ネギ。
*トッピング:無し。
◇バランス:良好。
◯トータル:自笑亭は麺とつゆがうまい。





add3:2009年04月17日
*最新記事掲載(2009/04)。
「かけそばを頂く」
トッピングに意表を突かれる、自笑亭のかけそば紀行。

【 時 】2009/04/01
【 処 】静岡県JR浜松駅改札内コンコース上
【分 類】駅そば_改札内
【取 引】券売機。
【特 記】☆店頭、鰻販売(蒲焼?白焼?)。

【データ】◇麺:茹で麺。◇汁:関東系まろやか派。◇揚げ:仕入れもの。
【珍商品】-。
【商 品】◇かけ〜¥310-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥380-。
*其の他一般的、不詳。


071221_jishoutei_sta_ms_web.jpg【 評 】「かけそば」¥310-。
◇茹で麺:茶色、歯応え悪くない。
◇関東系汁:トッピングの影響により、今回は特記無し。
*揚げ:-。
☆薬味:青ネギ。
☆トッピング:桜?梅?状蒲鉾、かつお節。
☆バランス:かつお節風味一辺倒。
◇トータル:悪くはない。
(右店頭画像はadd1:2008/03/23=2007/12/21撮影)

【記 事】
2009/04、滋賀への旅路。
半年振りの浜松:自笑亭、今回も立ち寄る事が出来たのは、絶妙?なる乗り換え待ち時間の賜物か。

前回、揚げが余りにも今ひとつであった為、敢えてかけそばを頂いてみた。
コの字型の立ちカウンターのみの客席は、体育会系の学生軍団やら一般の乗換客やらで、一気に満席となる。


090401_hmmt_jishou_sb_web.jpg供された「かけそば」、其の絵に吃驚。
かき揚げ天そばにはなかった桜か梅の花を象った蒲鉾が乗せられ、更に意表を突くカツオ節が丼上に揺らめいているのだ。
そして鮮やかな色彩の青ネギとのコントラスト…。
こんなかけそばも、関東以北ではまずお目にかかることはないだろう。

して其の味わい、カツオ節風味一辺倒と云って全く差し支えない、非常に斬新?なものであった。
茹で麺のそばは相変らず悪くはないものの、此処の仄かな昆布出汁風味でやはり中々美味しい筈の麺汁を、このカツオ節が完全に凌駕し、覆い尽くしてしまっている。
一杯のかけそばに、何故か踊り揺らめく鰹節―。
姿で丼上を圧倒し、旨味香り風味で味わいを圧倒し…、
圧倒されっ放しを禁じ得ない、其の圧倒的な存在感。
嗚呼、カツオ節、恐るべし…。

このカツオ風味、うどんにて、千切った梅干でも散らされていれば、尚好いかも知れぬ。
又は、此れならトロロ昆布の方が好いか…。
いやいや、何れにせよ、とっくの昔に普通の「かけ」ではない。

驚愕のかけそばとの邂逅。
旅は出逢い。出逢いはインプロヴィゼーション。

静岡西端は浜松、桜咲く4月月初の東海道の旅路にて。



add2:2008/09/08
*最新記事及び画像追加。

【 時 】2008/08/08
【 処 】静岡県JR浜松駅改札内コンコース上
【分 類】駅そば_改札内
【取 引】券売機。
【特 記】☆店頭、鰻販売(蒲焼?白焼?)。

【データ】◇麺:茹で麺。◇汁:関東系まろやか派。◇揚げ:仕入れもの。
【珍商品】-。
【商 品】◇かけ〜¥310-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥380-。
*其の他一般的、不詳。


071221_jishoutei_sta_ms_web.jpg【 評 】「天そば」¥380-。
◇茹で麺:茶色、やや太め、もっちり、悪くない。
○関東系汁:まろやか、美味しい。
△揚げ:粉っぽくモサモサ。
☆薬味:青ネギ、風味鮮烈。
*トッピング:特に無し。
◇バランス:揚げを除けば良好。
◇トータル:まあまあ美味しい。揚げ無しが吉か。
(右店頭画像はadd1:2008/03/23=2007/12/21撮影)

【記 事】
一、
2008/08、鳥取への旅路、幸いにも乗り換え時間に立ち寄る事が出来、改めて頂く機会を得る事と為った。

080808_hmmt_jishou_sb_web.jpg天そば。
先ず、汁が美味しい。
ほんのり昆布出汁風味の、まろやかな味わい。そして、かき揚げのと云う島の浮かぶ麺汁の海に、一面に拡がる青ネギ。この風味が鮮烈極まりなく、爽快な風が吹き抜け、誠に以って心地好い。きっと刻み立てなのだろう。
未だ関東系汁の範疇内だが、此処は、この汁で喰わせる駅そばであろうと思う。
そして、そば。
茶太の茹で麺。もっちりした歯応え、中々悪くない。

此処までくると、やはり自笑亭、東海地方の中々美味しい駅そばではないか。

ところが揚げ。
自社製品だか分からぬ仕入れもので、汁には馴染むのだが、粉っぽくモサモサである。
何とも残念なのだが、そば〜汁が悪くないので、喰い進み辛いと感じた際は、残せば好さそうな話でもある。
単品換算、わずか¥60-のかき揚げ天、こんなものであろう。

「かけ」でも好さそうな、中々美味しい駅そばであった。

次回浜松に訪れる機会に恵まれた暁には、駅外ガード下の「自笑亭」にて、其方にしかない驚愕奇想天外の珍メニュー:「どてやきそば/うどん」を頂くのが、筆者の儚き夢である。

二、
後述にある旧記事の、商品識別札排出?券売機システムは健在で、筆者の買い求めた「天そば」、ピンクの楕円形札が、「カラン」と云う音と共に出でて来た。
心地好い楽しさである。

購入客に突如の出現により、鰻の「??焼き」(生ではなく)と思しき店頭販売が行われ、筆者を非常に驚かせた。
何と云っても、此処は駅構内の駅そば屋なのである。
流石は自笑亭。近隣から浜松帰りの土産物に、はたまた此処浜松から近隣への土産物として、鰻が駅そば屋から出でるのだろう、きっと。何とも素晴らしきローカライズ風景。

2001年当時は「かけ〜」が¥250-、「天そば」が¥320-と、標準〜廉価な価格設定だったのだが、2008年現在は「かけ〜」¥310-と、随分高くなってしまった様だ。
「天ぷら〜」との差額は旧来と同様、¥60-換算で、全体的にスライド上昇した事が窺える。

原価高騰に沸く?2008年のニッポンの駅そば紀行であった。



org:2007/03/16
add1:2008/03/23


【 時 】2001/12/25
【 処 】静岡県JR浜松駅改札内コンコース上
【分 類】駅そば_改札内
【取 引】不明、忘却。→券売機?
【特 記】-。

【データ】◇麺:茹で麺。◇汁:関東系。◇揚げ:仕入れもの。
【珍商品】-。
【商 品】◇かけ〜¥250-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥320-。
*其の他一般的、不詳。


071221_jishoutei_sta_kn_web.jpg【 評 】「かき揚げ天そば」¥320-
☆茹で麺:珍しく、ぼそぼそ気味、ぶよぶよではなく、香りもない。
◇汁:特記無し、関東系。
*揚げ:特記無し不詳。
☆薬味:青ネギ。
*トッピング:特に無しか?特記無し不詳。
*バランス:特記無し不詳。
*トータル:特記無し不詳。

【記 事】
店名が面白い。
愉快なロゴも印象的。
add1:2008/03/23掲載の右上画像御参照。下記文章はorg:2001/12訪問時の紀行文。)

茹で麺にしては珍しくぶよぶよではなく、ぼそぼそ感。蕎麦粉多目の蕎麦を、筆者の様な素人が茹で損ねたものにも似た食感。
何とも云い難い。
かけは一般的価格だが、かき揚げは安い。

静岡の立ち食い屋さんに特徴的だが、此処も薬味が青ネギであった。
此れまで掲載してきた静岡の立ち食い屋さんの特徴を省みると、全て、「関東系汁〜青ネギの薬味」である事が判明した。
麺〜薬味文化に詳しい方は、是非、ご助言等頂けると誠に幸いかと存じます。

add1:2008/03/23

【追 記】(下記文章〜画像は2007/12/21訪問時に依るもの)

071221_jishoutei_sta_ms2_web.jpg2007年末に再び静岡に訪れた筆者。
本記事:自笑亭とは6年ぶりの再会となったが、地方独自のお店の健在ぶりを確認。
駅外にも自笑亭を発見し珍メニュー「うな丼」等頂いてしまった為、こちらは立ち寄らず撮影のみとなった。現在の味わいは如何なものであろうか。

また、薬味について。
今回、御殿場や沼津で頂いた立ち食い屋さんもやはり青ネギであった。
「スマル亭」の澄んだ感じの麺汁は別として、静岡は、
 「関東系汁 + 青ネギ」 
と云う図式が一般的な模様。

071221_jishoutei_sta_kb_web.jpg◇上画像:店舗全体図。

◇右画像:券売機。
印刷式のものではなく、昔ながらのプラスチックの色分け札を使用している事が窺える、近年、あまり見かけなくなってきたタイプのものである。
勿論リサイクル式に再補充されるものだから、紙資源の省エネ、紙ゴミの減少、そして「カラン」という音色と共に色とりどり?の札が出てくる風情が、あらためて何とも楽しげに感じられると云うものであろう。
云々考えると、好い事尽くめではないだろうか。
いや、分別〜補充作業が思いの外、面倒かも知れない。



キーワード:立ち食いそば 、駅そば。
ご参考サイト:株式会社自笑亭
ご参考弊記事:静岡県浜松:そば うどん うなぎ丼「自笑亭」
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 02:20 | TrackBack(0) | 食紀行:立ち食いそば(地方>東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉県大宮:立喰いうどんそば手作りおにぎり「つくば本店」-add3

激選区:大宮に於ける、老舗にして、常連客の多く見られる人気店。何度食べても飽きのこない、なかなかの美味しさが、人気の秘密か。珍メニュー「イカ(フライ)〜」、そして「ネギ増量:50円増し」がユニーク。立食い屋には珍しき店頭弁当販売。10種類以上に及ぶ手作りおにぎりも美味しき、やや安めの美味しいお店。文末:大宮立ち食いそば鳥瞰紀行記事。・ 2013現在健在、メンチカツとコロッケが名物的美味さの大人気老舗名店。・2014現在、かつての珍メニュー「イカ(フライ)〜」、そして「ネギ増量:50円増し」は消滅の模様。


更新履歴
org:2006/08/20
add1:2013/05/01
*画像、体裁等、記事を復旧。本編に若干の加筆修正。
*FB立ち食いそばページに最新画像記事を掲載。伴いイントロダクションに加筆。
・「天ぷらかき揚げそば」¥350-。(2013/03)(全5画像in全3画像/全4記事)
add2:2014/02/22
*2006年の旧記事から+10円の価格上昇が認められる。かつての珍メニュー「イカ(フライ)〜」、そして「ネギ増量:50円増し」は消滅の模様。イントロダクションに加筆。
*FB立ち食いそばページに最新画像記事を掲載。
・「ちくわ天そば」¥350-。(2014/01)(全5画像in全2画像)
add3:2014/10/12
*FB立ち食いそばページに最新画像記事を掲載。
・「コロッケそば」360+「メンチ」130=¥490-。(2014/06)(全画像数未定)



add3:2014/10/12
*FB立ち食いそばページに最新画像記事を掲載。
・「コロッケそば」360+「メンチ」130=¥490-。(2014/06)(全画像数未定)
https://www.facebook.com/tachisoba/photos/a.535391416473380.127708.489765574369298/882750805070771/?type=1&theater


【備 考】
2014/04増税後、10円の価格スライド上昇が認められる。

【 時 】2014/06/01
【 処 】埼玉県JR大宮駅東口すずらん通り入口左手。
【分 類】街そば
【取 引】現金。
【特 記】*10種類以上の手作りおにぎり(葉唐辛子等変わり種も)。*弁当類店頭販売。

【データ】◇麺:茹で麺袋麺。◇汁:関東系。◇揚げ:自社揚げ配送か。
【珍商品】☆10種類以上の手作りおにぎり/弁当類店頭販売。
【商 品】◇かけ¥260-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥360-。
*メンチ〜¥380-等、其の他一般的。

【 評 】「コロッケそば」360+「メンチ」130=¥490-。
○茹で麺袋麺:灰茶、香る、歯応え好し。
◇-○関東系汁:まろやかな甘み、やや濃いめの醤油味が好い。
☆◇-○自社揚げか:硬めの衣が好く、汁と相まり他一般的コロッケ類と一線を画する一品。メンチ=挽肉コロッケと云った感じの独特の趣き、notジューシー、詰まった挽肉がパラぽろっと口に解れる感じ。コロッケ=ぎっしりもっこり具沢山、肉豊富、汁に合う、メンチ的?
*トッピング:無し。
◇薬味:長ネギ一般的。
○-◎バランス:かなり良好、そば、汁にコロッケ類が実に合う。
○-◎トータル:美味しい、好きだ。天ぷら類よりコロッケ類が断然美味い。いや、かけでも美味い筈。此れぞB級の王道。




add2:2014/02/22
*FB立ち食いそばページに最新画像記事を掲載。
・「ちくわ天そば」¥350-。(2014/01)(全5画像in全2画像)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=765552720123914&set=a.535391416473380.127708.489765574369298&type=1&theater


【 時 】2014/01/06
【 処 】埼玉県JR大宮駅東口すずらん通り入口左手。
【分 類】街そば
【取 引】現金。
【特 記】*10種類以上の手作りおにぎり(葉唐辛子等変わり種も)。*弁当類店頭販売。

【データ】◇麺:茹で麺袋麺。◇汁:関東系。◇揚げ:自社揚げ配送か。
【珍商品】☆10種類以上の手作りおにぎり/弁当類店頭販売。
【商 品】◇かけ¥250-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥350-。
*メンチ〜¥380-等、其の他一般的。

【 評 】「ちくわ天そば」¥350-。
○茹で麺袋麺そば:茶、仄かに香る、心地好く噛み切れる歯応え、美味い。
○関東系汁:濃いめの円やかな醤油味、甘みと出汁の旨味がほんのり、美味い。
◇自社揚げか:竹輪天=ややモソ気味一般的、まあまあ悪くない。
*トッピング:無し。
☆○薬味:長ネギ、香り風味が素晴らしく、新鮮な切り立てに遭遇の模様。
○バランス:良好、そばと茹で麺の感じが合っている。
○トータル:美味しい。



add1:2013/05/01
*FB立ち食いそばページに最新画像記事を掲載。伴いイントロダクションに加筆。
・「天ぷらかき揚げそば」¥350-。(2013/03)(全5画像in全3画像/全4記事)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=602458896433298&set=a.535391416473380.127708.489765574369298&type=1&theater


【 時 】2013/03/31
【 処 】埼玉県JR大宮駅東口すずらん通り入口左手。
【分 類】街そば
【取 引】現金。
【特 記】*10種類以上の手作りおにぎり(葉唐辛子等変わり種も)。*弁当類店頭販売。

【データ】◇麺:茹で(蒸し?)麺袋麺。◇汁:関東系。◇揚げ:自社揚げ配送か。
【珍商品】☆10種類以上の手作りおにぎり/弁当類店頭販売。
【商 品】◇かけ¥250-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥350-。
*メンチ〜¥380-等、其の他一般的。

【 評 】「天ぷらかき揚げそば」¥350-。
◇茹で(蒸し?)麺そば:やや茶やや太、まあまあな歯応え。
○汁:鰹風味濃厚、円やかな甘味、美味い。
◇自社揚げ:ややベシャ、汁に分解気味。
◇薬味:一般的長ネギ。
*トッピング:特に無し。
◇バランス:良好。
○トータル:中々美味しい。



org:2006/08/20
061001_ootukikaiji.jpg
【 時 】2006/08/11
【 処 】埼玉県JR大宮駅東口すずらん通り入口。
【分 類】街そば
【取 引】現金。
【特 記】*10種類以上の手作りおにぎり。*弁当類店頭販売。

【データ】◇麺:袋麺。◇汁:関東系一般的。◇揚げ:自家揚げ配送。
【珍商品】☆イカ(フライ)〜¥300-。
☆10種類以上の手作りおにぎり。弁当類店頭販売。
【商 品】◇かけ¥240-。◇(かき揚げ)天ぷら〜¥340-。
*メンチ〜¥360-、とろろ〜¥400-。*其の他一般的。

【 評 】天そば¥340-。
○袋麺:ほのかに香りのよい灰色がかったそば、やや歯ごたえも有り、なかなか美味しい。
○汁:濃いめの出汁、まろやかな風味で、美味しい。
◇自家仕入れ揚げ:衣がやや多め、ややモソモソ気味。桜海老の風味が好い。
◇薬味:一般的長ネギ。
*トッピング:特に無し。
○バランス:好い。揚げが惜しい。
○トータル:美味しい。

【記 事】
立ち食いそば激戦区:大宮。

筆者は20世紀の頃、此処、大宮に勤めていた時期があり、此の激選区の立ち食い屋をよく食べ歩いた。そして「やはり此処が一番」とばかりに戻って来るお店が、此処「つくば本店」であった。
大宮に出向く機会のほとんど無くなった現在、筆者にとって、大宮で寄りたい立ち食い屋の筆頭だ。
というわけで、21世紀は2006年の夏の日…旅の通りすがりに大宮に降り立ち、久々に立ち寄る機会とした。

当時と全く変わらぬ佇まい、豊富なおにぎりも、立ち食いそば屋には珍しい弁当販売も、店のおばちゃんも、全て健在だ。
そして供された天そばも、全く変わらず美味しいものだった。

此処は汁とそばが美味しい。
「抜群にうまい」と云う訳でもなく「何か結構美味しい」と云った風情だ。そして実は、此れが曲者なのか、何か又食べたくなる味だ。何の突出も主張もない味だか、全体がとても穏やかにまとまっており、何度食べても飽きのこない、ホッとする様な美味しさ、とでも表現したらよいだろうか。

此処の竹輪天は、磯辺揚げではなかったと思うが、美味しかったと記憶する。
今回頂いたかき揚げ天は桜えびの風味が好いものの、ややモソモソ気味。寄る時によってはとても美味しい場合もあったかと思い出される。
此処は厨房では、炊飯も揚げ作業も行われていない。詳細不明だが、近くに、弁当、おにぎり、揚物等の仕込み拠点が在り、其処から商品を移動している模様だ。
記憶に無く、今回あらためて気付いた事と云えば、「ネギ増量¥50-」と云うのはあまり見かけず、ユニークで面白い。イカも、イカ天では無く「イカフライ」と云うのも他所では見かけた事が無く、面白そうな絵だが筆者は未食かと思う。



【蛇足記事】
「大宮立ち食い鳥瞰紀行」

東口駅前には朝から飲める居酒屋が在り、南銀座通りの繁栄も眩しき、ギャンブル都市の一面を持つ此処、大宮。
此処には西口/東口共に多くの立ち食い屋が点在し、かなりの激選区である。
2006年現在記憶に誤りがなければ、現在無くなったお店、その間出来た新しめのお店等、全て含めて、其の数、

東口に7軒
西口に3軒
駅そばが4軒

合計14軒にのぼる。

さて、大宮で美味しかったと云えば、2006年現在、其の存在が定かではない「山形屋(?)」。独特の店内ムード、コシのある茶色いそばと濃厚な汁、茹で玉子が無料だったかと憶う。東口街中と大栄橋陸橋下の2件が存在。

西口の新しめのお店は、自家揚げだが其れ以外の要素は全て典型的B級立ち食い的、しかし、竹輪の磯辺揚げ天がサクサクで香りも好く、抜群にうまかった。

駅そばは、高崎線8番ホームのお店が、太めの茶色い美味しい茹で麺、あっさり目だがなかなか美味しい汁で、うまい駅そばとしてファンが多かった。
逆に、京浜東北線1番ホームのお店は、かなり安い上、味も典型的B級駅そば。しかし、何故かラーメンがうまい、と評判だったりして、各ホームによって様々な個性があり、楽しい時代だった。
大宮駅は現在知る限り、全ての立食い屋が、JR統一企画的NREブランドに替わってしまい、非常に残念な事である。


posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 01:51 | TrackBack(0) | 食紀行:立ち食いそば(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宿思い出横丁:「かめや」-add3

生麺、自家揚げで、温泉玉子からなる「天玉そば」がウリのお店。天玉せいろ、冷し天玉、天玉そばが¥370-均一。入口も暖簾も無く路上からオープンな珍しき店構えの、安くて美味しいお店。◎2014現在、天玉せいろ、冷し天玉、天玉そばが¥400-均一にて健在。


更新履歴
org:2006/07/09
add1:2011年11月07日
*最新画像及び追記掲載、未訪、行列の出来る健在振りを確認。
*全編に若干の編集、加筆修正。
*文末リンクを更新。
add2:2012/02/27
*文末リンクを更新。
add3:2014/10/12
*facebookページに最新画像記事を掲載。イントロダクションに加筆。
・元祖温玉「天玉そば」¥400-。(2014/04)(全5画像予定)


add3:2014/10/12
*facebookページに最新画像記事を掲載。イントロダクションに加筆。
・元祖温玉「天玉そば」¥400-。(2014/04)(全5画像予定)
https://www.facebook.com/tachisoba/photos/a.515214781824377.123986.489765574369298/882115531800965/?type=1&theater


【 時 】2014/04/19
【 処 】新宿西口思い出横丁内
【分 類】街そば
【支払い】現金。
【特 記】☆天玉〜は生玉子にあらず温泉玉子。

【データ】◇麺:生麺茹で置き。◇汁:関東系。◇揚げ:自家揚げ置き。
【珍商品】☆温泉玉子からなる、天玉せいろ、冷し天玉、天玉そば¥400-均一。
【商 品】◇かけ〜¥250-、◇(かき揚げ)天ぷら〜¥350-。
*其の他一般的、不詳。

【 評 】「天玉そば」¥400-。
◯生麺茹で置きそば:白茶、一寸固めの生麺らしいコシ歯応え。
◇-◯関東系汁:まとまりの好い旨味風味だが、以前より薄味で醤油の味香り風味が穏やかになった印象。薄くならない筈なのに、終盤、温玉の白身で薄く感じられた。
◯自家揚げ置き:ザクっとした歯応えの心地好さ。
◯トッピング:温玉、黄身をそばや揚げに絡ませて頂く楽しみ。
◇-◯薬味:長ネギ、フレッシュな好い状態にアタリの模様。
◯バランス:良好、汁、そばのみならず揚げの感じも好い感じで合っている。
◯トータル:美味い、やはり天玉。




111104_kameya_ms.jpg
org:2006/07/09
add1:2011年11月07日

【 時 】2006/07/08
【 処 】新宿西口思い出横丁内。
【分 類】街そば。
【支払い】現金。
【特 記】☆天玉〜は生玉子にあらず温泉玉子。

add1:2011年11月07日*最新画像及び追記掲載)
【追 記】右画像は2011/11/05金曜、満席且つ飲み上がりの御仁等の行列待ちの絵。行列は「思い出横丁」看板向こうまで続く。大盛況。深夜に行列の出来る驚愕の立ち食いそば光景。

【データ】◇麺:生麺茹で置き。◇汁:関東系東京的。◇揚げ:自家揚げ。
【珍商品】☆温泉玉子からなる、天玉せいろ、冷し天玉、天玉そば¥370-均一。
【商 品】◇かけ〜¥230-、◇(かき揚げ)天ぷら〜¥320-。
*とろろ昆布〜¥350-。*他、一般的、不詳。

【 評 】「天そば」¥320-。
○生麺茹で置き:美味しい。
◇汁:何も突出していない、キリッと醤油風味の東京的汁。
◇自家揚げ:衣薄めで粉っぽさが無く、サクサクでも無いがモソモソでも無い、しっとり目か。
○バランス:好い。しかし麺、汁の強さに比べ、揚げがやや弱く感じられた。
○トータル:結構美味しい。

【記 事】
横丁内の一角の、入口も暖簾も無く横丁通路にそのまま開く、立ち食いそば屋さん。
おでんやら、一杯飲屋のお店でもおかしくない、屋台的状態。此の横丁内に於いては全く違和感の無い風景なのだが、立食いそば屋として考えてみると、非常に珍しい店構えだ。

さて、時は2006年07月。
急ぎの食事で、通りすがりに立ち寄る。
いつもの癖で、即、天そばを注文。
ところがである。見回すと、温泉玉子の天玉メニューイチ押しらしき店内表示があるではないか。
失敗。
眼鏡無しではこんな時の観察眼にも支障をきたすものらしい。
2〜3ヶ月前の二日酔いの目覚めの朝であったか、自ら眼鏡を踏み潰しザトウイチ気分?で彷徨い続ける筆者であった。

供された天そばを頂く。
麺がうまい。麺をケースから出して作り始めたので、茹で麺かと思い込んでいたのだが、其れにしては、うますぎる。
厨房内、よく見ると、目の前の小さめの茹で鍋器?で生麺を茹で揚げていた。
少なめを茹で揚げ、ケースに移し置いているようだ。常に茹で立てに近い状態での提供を保っている様子。此れなら美味しい訳だ。

後続の客は皆、「もり」の玉子付きやら、天玉せいろを注文している。
非常にうまそうだ…。
やはり、オーダー失敗。
此の麺なら、汁麺よりも断然、つけ麺系メニューだろう。
とは云っても、今頂いている此の汁麺も全く悪くない。強めの汁に麺も全く負けておらず、好バランスにまとまっている。
生麺、天汁系風味汁で筆者の好む南越谷の越後そば等とは異なる、力強さを感じさせられた。
次回は天玉せいろや天玉そばを、是非。

ところで、此処にはうどんが無かった様な気がする。どうも思い出せない。いかがなものなのだろう。

余談だが、モノの本に依ると、神田に、温泉玉子での「元祖・天玉そば『かめや』」という立食い屋さんが在るらしい。筆者は行った事もないし、価格設定も異なる様で、此処との関係は分からない。御存じのお方は、お教え頂けると幸いです。



add1:2011年11月07日*文末リンクを更新。
add2:2012/02/27*文末リンクを更新。
【ご参考弊記事リンク】新宿西口、立ち食いそば。
新宿西口:「そば一茶」
新宿思い出横丁:「かめや」
新宿西口:「内藤新宿そば」
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 01:37 | TrackBack(0) | 食紀行:立ち食いそば(都内>新宿界隈) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
楽団長の活動日誌TOP > 2014年10月のアーカイブ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。